キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 株の初心者へ、現物取引と信用取引の違い : 株初心者特ダネ情報局

株の初心者へ、現物取引と信用取引の違い

株初心者特ダネ情報局

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
現物取引と信用取引はそれぞれメリット、デメリットがあり、株の初心者はその違いを知っておきましょう。
株初心者特ダネ情報局mainimage

株の初心者へ、現物取引と信用取引の違い

現物取引というのをご存知でしょうか?株の初心者の人は絶対に知っておかなくてはならないワードです。

現物取引というのは、投資家が自分の資金でする取引のことを言います。

いわゆる通常の株取引ということです。

現物株というのは受け渡しのできる株式であり、有価証券のことをいいます。

株取引には現物取引の他にも信用取引というのもあり、これらの取引にはどんな違いがあるのでしょうか?まず、買いポジションの保有をした時の違いですが、現物取引の場合は金利がかかりません。

信用取引の場合はかかります。

空売りポジションについては、現物取引の場合は空売りができず、信用取引の場合は賃借取引賃株料がかかります。

株の売買手数料について、現物取引の場合は通常額の手数料になりますが、信用取引はそれより安い手数料になります。

そして最大の注意は、現物取引は証券会社に入金してある額以上の損失はありませんが、信用取引の場合はそれ以上の損害が出る場合もあります。

株の初心者の方はその他のキーワードについてもよく勉強しておきましょう。